Q.「1歳半検診で『ようすを見ましょう』と言われましたが、ネットで調べれば調べるほど自分の子どもの発達に問題がある気がします。トマティスのトレーニングは受けられますか?」

A.「必要なら2歳半からトレーニングが可能です。ただし、ヘッドホンを装着してくれる事が条件です。ヘッドホンの左右のスピーカーともう1つ、頭頂部の骨から聴くスピーカー。空気から聴く音と骨から聴く音のバランスが、彼らの聴覚を揺り起こし、目覚めさせ、外へと向かわせるので。ヘッドホンが苦手な子は、ご自宅のヘッドホンで練習しておくのもよい方法です。トレーニングがまだ無理でもご相談はお受けしますので、ご連絡下さい」

Q.「遠方です。聴覚過敏がひどくて乗り物にも乗れません。どうしたらいいですか?」

A.「事情があってどうしてもセンターまでいらっしゃれない方には、お電話とメールの細かなやり取りをしていただく条件で機材をお送りし、聴覚トレーニングを実施しています。聴覚チェックができないのでベーシックなトレーニングになってしまう事と、お顔を見られない事、声をお聴きできない事とてもは残念ですが、トレーニングの効果で良くなられた方もいらっしゃいます」

Q.「申し込む前に試す事はできますか? お高いので…」

A.「お試しトレーニングのお問い合わせは良く頂きますので、ご希望の場合、「プログラムを組み込んだ聴覚トレーニング機材とフォーブレインを35,000円(税込)」で3週間お貸し出ししています。引き続きフルトレーニングに御変更の場合は、その分を組み込んで残金を清算致します」

Q.「子どもは小学生。母はフルタイムワーカーで時間も取れませんし耳は大丈夫なので、子どもだけに受けさせる事は可能ですか?」

A.「ぜひセンターでご相談下さい。家庭内コミュニケーションが良好になされているとコンサルタントが納得した場合は、ご相談に応じます」

Q.「就学検診間近です。支援級か普通級か迷っています。普通の子と一緒にした方が伸びるのか、のんびりウチの子のペースで育つ方が良いのか。こんな相談にも乗ってもらえますか?」

A.「お子様とご一緒にセンターへどうぞ。会話する姿、遊ぶ姿など見せて頂きながら、今できる事と難しい事、どんな場所でどう伸ばしてもらえるか、など一緒に考えながらお話しさせて頂きます。大切な事は、本人が毎日の生活を楽しめて、周囲と上手くやって行く事。本当にそれだけの事です」

Q.「会社の上司があまりに無理解で、会社にいる時だけ音に対して過敏になっています。治りますか?」

A.「最近増えているご相談です。身体の強い緊張で、呼吸が相当浅くなっていると思われます。まず会社にいる間、喋っていない時はずっとゆっくり深呼吸をしながら過ごしてみて下さい。マッサージ、整体、鍼灸などボディケアも効果があります。もちろん私達のセンターでお話を伺い、聴覚過敏をケアして差し上げたいと思います」

Q.「学校の先生たちがあまりに無理解で、登校したがらなくなっています。家で出来る事としてこちらを見つけました。効果はあるでしょうか」

A.「コトバの暴力でヘトヘトになった気持ちに、トマティスの音楽は優しくしみ込んでいきます。布団で寝ながらでもできるトレーニングですので、緊張が抜けない子、気力の無くなった子たちにしてあげられる事として適しています。可能でしたらセンターへどうぞ。信頼できる大人のいる静かな場所を家以外に増やす事も、子供たちの心を助けてくれます」

・発達、知的なトラブルをお抱えのお子様と保護者の方へ

子供たちが無事に大人になるため、親はまずニコニコしましょう。疲れ果てた気持ちではいい考えも浮かびません。親も疲れたら一休みしましょう。がんばらなくても大丈夫、寝て起きれば別な日です。無理なく、少し長い子育てを楽しむ、そのお手伝いをいたします。

・聴覚が気になって苦しんでいるおとなの人へ

聴覚は他の人から分かってもらいにくい悩みなので、余計にツラいですよね、お疲れさまです。ここには同じように苦しんでいる方がやってきています。良かったらあなたもいらっしゃいませんか?香りの良いお茶を入れてお待ちします。