大学院3回目のスクーリングで学んだ事

img_0086

トマティス聴覚トレーニングの実践者の私ですが、9月からアライアント国際大学に本校カリフォルニア臨床心理大学院と言う学校で臨床心理を再び学んでおります。これが大変面白いです。前回の臨床心理大学院から30年が経っていますから、当時のニュースが古典になっている。特に臨床心理は脳科学からのアプローチの発達が急激に進んでいて、心の問題を科学する事ができる部分が広がっていますからね。そして1990年代、2000年代に入ってからの研究は、ほほーっ、と思う物がいっぱいです。
とは言え、本当の心そのものの不具合を改善して行くには、やはり「人の力」が大切であり、人は人と向き合い自分と向き合う事で成長できるのだ、と言う、20代にも聴いた言葉が50代の今の気持ちで聴くと本当に心に迫って来ます。
月に一度の週末土日、そして毎週オンラインであれこれ。日々感動を新たにしながら学んでいます。